エレメントショートインプレッション       

     

  

DHV1ファーストグライダー、エレメントは全世界でとても高い評価を受けていますが

それはなぜなのかを探ってみたいと思います。

前モデルのアトムシリーズは好評で息の長いモデルでしたが、そのブランニューモデルなだけに発売当初から周囲の期待も高かったのがこのエレメントでした。私も見たり乗ったりする機会が多いのと、発売から半年以上経過しているので、的確な評価が出来ると思っています。

エレメントの開発コンセプトは、アトムシリーズよりも余計な翼の動きを抑えて扱いやすく、スクーリングからパイロットへのステップアップまでを、安心して楽しく飛べるように、と言うものです。

 それでは、エレメントの特徴を箇条書きにしてみたいと思います。

 

 1、ラインチェックがしやすい   今までの4本ライザーから3本になり(翼端折りライザーを除く)しかもライン本数が減っている為に楽チンです。(シンプルで太くて丈夫なライン)

2、ライズアップが軽い    今までもライズアップは軽かったが、キャノピー重量が軽くなった為、立ち上がるまでが軽く、しかも上がってからの頭上安定も当然良くなっている。その後の加速もスムーズ。地上でのハンドリングもしやすくなった。無風の立ち上げでも全く問題なし。

3、ピッチ安定が良い    これも重量が軽減された為に慣性が少なくなり、たとえ大きな揺れが起きても止めやすくなっている。潰れたあとのシューティングもマイルドになっています(潰れにくいですが)。

4、ロール安定が良い    少しアーチが浅くなりロール方向の動きも抑えられて無駄な動きが少なくなって安定感が増しました。

5、旋回がスムーズ    アトムシリーズはターンの初期にロールの動きが先行していましたがピッチ、ロール、ヨーの動きにバランスがとれ、難しい細かなコントロールがいらなくなっています。ブレーク操作に気を使わない分飛びに集中でき、ソアリング確立もアップ。

6、さらに安全に     小さいサイズXSもDHV1をパスしています。しかも体重レンジが幅広くなり多くのユーザーが受け入れられるようになっています。サイズ設定も飛行重量55kgから125kgまでをカバーしているので体重40kg程度の軽量フライヤーでもOK。飛行中のゆれが少なくなって風が強くなっても前進力があって風につかまりにくいです。

7、納期が早い    オゾンのスタッフは現在400人以上。オーダーを受けてから納期まで平均2週間(遅れる場合もあります)。カラーオーダー(通常料金プラス¥21000)の場合も、平均3週間とおそらく世界でデリバリーが最も早いと思われます。

8、修理も安心    通常の修理であれば約1週間から10日。

9、丈夫で長持ち    上面生地は軽量でエア漏れが少なく紫外線劣化の少ない最新の生地ポルシェスカイテックス9092E85A。ボトムラインのA,Bは1本200kg、Cラインはなんと1本340kgの市販モデルとしては最高レベルの強度をもっています。

10、作りが丁寧     細部の縫製を他のグライダーと比較して見ると縫いの正確さ、丁寧さは最高レベルです。リディングエッジ、トレーリングエッジの作りこみは特に絶品。ユーザーの満足度に貢献しています。

 

上記のように、エレメントはアトム2のDNAを受け継ぎながら、さらに全ての面で進化したことで、より多くのユーザ−に受け入れられています。

 

ちょっとしたアドバイス

1.       ライズアップがとても軽いのは良いのですが、初心者にありがちな力まかせのライズアップをしてしまうと被ってくることがあります(もちろんその場合は、ブレークコードを少し引いて翼の走りを抑えてあげれば良いのですが)。 フロントライザーは手を添えるように持つのがコツです。

2.       ブレークコードの長さはメーカー出荷時で、少し長めのような気がします(オゾンの特徴です)。トグルの持ち方や手の長さ、好みによって人それぞれかもしれませんが私は、3〜5cmの範囲で調整をお勧めします。(インストラクターにやってもらいましょう)

 

最後に

 エレメントは、浮きも良く、翼の動きがわかり易いのでソアリングを覚えるのにとても適したグライダーだと感じました。そして、スピードレンジが広く、強風に対しての前進力もあるので上級パイロットの人たちに混じって飛んでいても良い飛びが出来てしまう懐の広さがあって、幅広いユーザーに受け入れられているのではないかと思います。